「京都丹後着物 – 着物づくりの町探訪」Tango Kimono – A visit to the town of kimono craftsmanship

「京都丹後着物 – 着物づくりの町探訪」Tango Kimono – A visit to the town of kimono craftsmanship

A little while ago I was invited by kimono researcher and friend Sheila Cliffe to join her on a short trip to Amanohashidate (天橋立) for some kimono fun. 

ごきげんよう。暖冬といわれていますが、やっぱり寒いですね。来週には関東地方で、雪が降るらしいです。インフル、ノロ、コロナと様々な病気がはやっています。マスクより、手洗いと人が多いところにはできるだけ行かないことが、何よりの防御策なんだそうです。体調管理お気をつけて。

さて、少し前になりますが、師匠でもあり友人でもある着物専門家 シーラ・クリフ先生(シーラさんと呼びます)からのお誘いで、丹後地域、そして、その地域を代表する観光地 日本三景・天橋立(宮津市)や与謝野町を訪問する機会をいただきました。

訪問したエリアは、丹後地方に位置し、着物づくりや伝統工芸で有名な場所です。

The town is part of the Tango (丹後) region – famous for its kimono makers and craftsmanship.
If you hear about the famous Kyoto “Nishijin-ori” weave (西陣織り) or “Chirimen” (縮緬) crepe fabric as well as many other dye and weave techniques, they might have been made in the region. 

Beautifully located right at the Japan sea, it can be reached by an approx. 2 hours train ride Northbound from Kyoto. Once per year, a big kimono festival draws kimono wearers from across the country to join festivities in Amanohashidate. 

京都は西陣織りや縮緬が有名ですが、これら一部はこの地域で織られていたりするようです。

京都駅から北へ2時間の列車の旅を経て、日本海に面した町に到着です。ここ天橋立では、「丹後きものまつり」という、日本各地から織匠が集まるお祭りが開かれます。

After a ride in the “Tango no umi” train we arrived a day earlier to join a cruise and dinner party as well wear silk kimono made in the area. 

おまつり開催日の前日、列車「丹後の海」にゆられて現地到着。クルーズ船にのり、観光し、夜はその地域でつくられた正絹のお着物を着させていただける夕食会が催されました。

Arrival in Amanohashidate

Tango Kimono Experience
丹後着物体験

After checking into our accommodation we were invited to pick our favorite kimono ensemble from available choices and then got dressed by professionals. Since I usually dress kimono myself I almost never had the pleasure to have it done – gotta admit it feels super great to just stand there and get wrapped in exquisite silks. 

お宿についた後、自分の好きな着物をえらんで、着付けのプロの方に着付けてもらいます。なんということでしょう 笑。いつもは自分で着ているのですが、着付けてもらうのは、本当に気持ちいいです!

I picked a slightly more edgy kimono outfit – the piano obi definitely was love at first sight! 
すこし尖ったデザインの着物を選びました。そして・・・見てください、このピアノ柄の帯、最高です。

Everyone in their Tango Kimono! 丹後着物組♡

The first stop of our kimono ventures was a kimono cruise with a guide explaining and showing the sights of Amanohashidate. It was fun to mingle on the boats rooftop with all these well dressed people. Afterwards we all gathered for a buffet style dinner with delicious local produce. It was sooo good!! 

着物ツアーは、ガイドの方に天橋立について説明して頂きながらのクルーズです。着物が好きな人たちと、着物でクルーズ。きれいな景色に驚きながら、着物について語る。その後は、その土地の食材を頂きました。野菜中心のヘルシーかつボリューム満足なメニューがすばらしかった。至高のひと時ですw。


Sheila was invited to the stage to talk about her visions and thoughts on kimono. In the same venue, different silk fabrics were displayed from local craftsmen. All dyed or woven in different ways. Such a treasure to see from up close. 

その夜は、シーラさんがステージで着物についてのトークショーを行いました。シーラさんって、着物についての知識の深さは勿論、話し方もうまいし、憧れます。そこでは、織り方、染め方の異なる様々な絹織物が展示されており、大変興味深く見させていただきました。

Silk gallery with works of different kimono artisans

Tango Kimono Matsuri
丹後着物祭り

In the next morning we got ready to head out to the Tango Kimono Festival after breakfast. Apart from various stage shows and small booths across the area, a stamp rally with prizes invited to explore. I was told that some expensive kimono are in the pot to be won! If that is not something then I don’t know what is, haha! 

翌朝は、お待ちかねの「丹後きものまつり」です!ステージショーあり、出店あり、スタンプラリーで賞品を狙うこともできました。賞品は、高価な着物と聞きました。

This time Sheila, Nichole, Katrina and I had some free time to explore the area. 
ここでは、シーラさん、二コールさん、カトリーナさんと一緒に歩きました。

A cute curved bridge which can be rotated to let boats and ships pass had me all excited! (I know I know – kimono are the focal point…. but a traditional looking bridge that rotates??!  この橋は、船を通すために、回転するんです。この橋の形、大好きです。

A very scenic place for a stroll along the coastline, well preserved buildings and kimono culture. 
天橋立は、海岸をお散歩。保存されている建物や着物文化を感じる場所です。

Make sure to not forget to try local treats like bean paste mochi sweets & craft shops?
I also bought some locally made obiage at a kimono fair! So excited to wear them soon!

旅といえば、グルメです (食いしん坊)。 智恩寺門前に並ぶ有名店では、「知恵の餅(あんこのついたお餅)」が食べられます。もちフリークの私は外したくないグルメです。なんと、1300年ころに起源を発する食べ物で、食べると所謂、文殊の知恵が授かると聞きました。わたしも、すこし頭が良くなったかな?   きな粉のは、「重太郎餅」というそうです。こちらも、マイウー。

Which one is your favorite? どれが好き?

Unfortunately we had to catch the train already at 3pm in the afternoon to get back to Tokyo, but before we made sure to hand out our stamp rally papers and drew from the lottery. No kimono for any of us unfortunately, but a soy sauce set instead, haha. 

午後3時の電車までの短い間でしたが、腹ごしらえもしたところで、気になるスタンプラリーの結果を確認。
えー、残念ながら一等の着物は獲得できませんでした。でも、美味しいお醤油をもらいましたよ。

My face when I did not drew the kimono prize! ハズレの時の顔(笑)

I hope to come back to the Tango region to spend a little more time next time. If you want a change of scenery and visit some more local and traditional places, look up Amanohashidate for your next travel plan. 

短い間でしたが、今度は、もっとゆっくり丹後地区に戻ってきたいです。皆さんも、機会あれば、ぜひ、行ってみて下さいね。

Sheila wrote about her experience in Tango in the new issue of kimono magazine Nanaoh – feel free to check it out.

シーラさんは丹後について、着物雑誌「七緒」の新刊にて書かれています。是非、読んでみて下さいね。(わたしも、早速購入し、読ませてもらいました。わたしもちょっと出てます!)


xoxo,
Anji

P.S. Thank you, Sheila for the invite and other relevant parties which arranged the whole tour!
追伸:シーラさん、そして、このツアーを企画してくださった関係者、各自治体の皆様、真にありがとうございました。

Share this post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *