Tag - 着物

「チャップリンの『街の灯』の歌舞伎版」Charlie Chaplin on the Kabuki stage – Part 2

Continuing from our exciting interview with Mr. Ono, (Please read Part 1 here first if you haven't yet!) the head behind the celebrated Charlie Chaplin Kabuki revival in December 2019, we want to find out more details on how this project was brought to life - so grab a cup of tea and let's continue! 2020年のSALZ Tokyoの記事第一弾として、昨年末に公演されたチャップリン歌舞伎の立役者、日本チャップリン協会の大野裕之さんとのインタビューの第2部をお送りいたします。(まだ読んでなければ、パート1から見ててね!) SALZ: チャップリンの「街の灯」の歌舞伎版はどういったきっかけで始まったんですか? How did everything start with the Kabuki adaption of Chaplins "City lights"? 大野さん:『蝙蝠の安さん』について書いた英語論文をアメリカの本に載せてもらいました。それをチャップリンの娘さんが読んでくれて、「父は歌舞伎が大好きだったんです。これは是非再演できるといいですね」言ってくださいました。チャップリンの権利はご遺族が大切にしておられて、チャップリン作品の舞台化というのはあり得ない。そこで、ある方の紹介で松本幸四郎さんにお手紙を書きました。初めて幸四郎さんに面会した時に、「大野さん、よくぞこの企画を持ってきてくれました」と言ってくださった。それがこの企画の始まりです。2004年のこと。もう15年前ですね。 Mr. Ono: My English thesis on “Komori no Yasusan” was printed in...

Read more...

「チャップリンの『街の灯』の歌舞伎版」Charlie Chaplin on the Kabuki stage – Part 1

Happy New Year! Can you believe its already 2020?Just some decades ago people thought we would have flying cars and microchips implanted in our necks.. (Although that might be coming sooner than we’d like.) こんにちは。明けましておめでとうございます。もう2020年って信じられますか?数十年前には 、空飛ぶ車や首にマイクロチップが埋め込まれていると想像した時代です(かなり近いことが起 き始めてますね)。 I had quite a long Christmas/New Years break (longer than I intended to, as well...) and I was traveling around to Shanghai, then inside of Germany as well. While I completely took off work - traveling and meeting a lot of people every day...

Read more...

「最近について」Recent Media Coverage

Can you believe its already September?? The past months sure have gone by like a whirlwind. Compared to the past years I suddenly got a bit of media coverage all at once, which I'd like to share here (also partly as a diary to my future self, haha). ご機嫌いかがですか?  いやー、もう9月なんですね。なんだか時がたつのが早くて参っちゃいます(年寄りです 笑)。夏ばてしてるんではないか、と思っていらっしゃる方々に(?)、近況についてご報告します。 The Japan Times Due to the "KimOhNo" incident I got interviewed for The Japan Times (1st July 2019) about what kimono are to me and my work.  例の"KimOhNo事件"で、日本国内外で活躍するキモノ専門家の方々にまじって、僭越ながら、なんと私も2019年7月1日付のJapan Timesにインタビューをして頂きました。 Just a small recap, in...

Read more...

「北鎌倉の紫陽花」The Hydrangea of Kita-Kamakura 梅雨に絶対行くべき、鎌倉の名所とは!?

The only positive thing about the rainy season in Japan (next to the watering of the veggies) is the beautiful Hydrangea blooming on every corner. 梅雨の季節になりましたねぇ。いかがお過ごしですか? じめじめとした湿気、ちょと、ほっておいたパンが知らぬ間にカビだらけなんてことに・・・、洗濯物は干しても、いつまでもジメジメです。梅雨のいいとこってなにかなぁと考えてみました。まず、野菜に水をやれること。農家さんは助かりますね(雨が多すぎでもよくないのですけど。。)。あとは、梅雨の風物詩、アジサイです!赤や紫、青など、きれいですね。 If the venue famous for hydrangea in Japan, Mimuroto temple in Kyoto is so famous. Yet, if in Kanto area, I have one favorite place. Especially famous for the often blue or purple flower is Kamakura (鎌倉) a lovely town 1 hour away from Tokyo. (Already featured last summer: Kamakura - Off the beaten track) アジサイといえば、まず京都の三室戸寺なんですけど、個人的には、関東では、鎌倉って勝手に思ってます(勿論、他にも沢山、いいところはありますよ。)。東京から一時間ほどです。(鎌倉については、この記事でも特集してみました) This...

Read more...

「令和」The start of a new era

Today (1st May 2019) marks a special and historic day in Japan. The change of the emperor which ultimately includes the start of a new era. 本日、2019年5月1日は日本では記念すべき日になりました。第125代天皇明仁が退位され、皇太子徳仁親王が即位されました。何かと騒がれた退位ですが、天皇制の歴史の中では、これまで何度もあったようですね。 令和 - REIWA I really love the name for the new time period, because it sounds similar to the period I was born in (昭和 - Shōwa) and has the Kanji 和 (wa) in it, which stands for traditional Japanese things. (Amongst the meaning of peace..). This era's name is based on Man-yo-shu, the...

Read more...

Kimono Styled & Restyled 「ファッションとしてのきもの 1300 年」

Last month I went to Osaka and Kyoto for a couple of days. (Mixing business with pleasure) A friend of mine introduced me to this interesting exhibition by the Kyoto Textile Fabrics Wholesaler's Association which just had their 50th Anniversary. Luckily I had time to check it out before heading back to Tokyo. 先月は関西に行ってきたついでに、「ファッションとしてのきもの1300年」との着物展示会に出会いました。写真はOKでしたので、こちらで軽く紹介したいと思います。 This exhibition was beautifully curated and showcasing the evolution of the Japanese garments until today. Photos were allowed - so let me take you on a quick tour...

Read more...