「新潟の芸妓遊び」Geigi (Geisha) Banquet Experience in Niigata

「新潟の芸妓遊び」Geigi (Geisha) Banquet Experience in Niigata

Recently I started to make some effort to see a little more of Japan.

Some of you may have noticed from my social media, that I visited Niigata. (Actually for the second time.)

Last time I learned that Niigata is one of the biggest locations for Geisha/Maiko culture in Japan. (They are actually called “Geigi” in Niigata!)
Many may instantly think of Kyoto (and you are quite right in doing so ofc) when hearing about Geisha/Geiko. However, Japan still has several areas famous for Geisha/Maiko besides Kyoto e.g. Tokyo, Niigata, Nagoya, Ishikawa, Yamagata to name a few. Of course, unfortunately today this art is not as visible as before. 

ごきげんよう。如何お過ごしでしょうか?日本をもっと知りたいと思い機会があれば各地へ冒険しに行っています。食欲の秋、読書の秋、食べてますか?読んでますか?

SNSでご存知の方もいるかもしれませんが、この間は、新潟へ行ってきました(二回目です!!)。

一回目に新潟を訪ねたとき、新潟は芸者さん・舞妓さん文化がまだ残っている地域と知りました。新潟では、「芸妓(げいぎ)」と呼ばれています。

芸者さん・舞妓さんと聞けば、京都を思い浮かべる方が多いでしょうが(確かに、京都は代表格過ぎますよね)、京都ほどの規模はありませんが、日本には京都以外にも、芸者さん・舞妓さん文化が残っている地域がまだまだあるのです。例えば、東京、新潟、名古屋、石川、山形などです。

中でも、新潟は、三大芸者さん・舞妓さん地域のひとつとされていると聞きました。新潟市の古町というエリアは、芸妓さんのエリアで、市内ではそこ以外でも、昔の日本家屋をつかって、芸妓さんイベントをしています。

これまで、東京で、芸者さんイベントを一緒に開催させて頂いたり、芸者さんの世界に友達もいるのですが、新潟の芸妓さんは、初めてでした!!
今回の新潟旅行では、なぁーんと、うれしい事に、現地の方の計らいで、素晴らしい夕食とともに、芸妓さんと会えることになったのでした。これには、ホント興奮しました(サンドか!w)

Niigata is perhaps one of the three largest locations in Japan. I co-organized some Geisha events in Tokyo before and also have several good friends in the Geisha world, but I hadn’t met Niigata Geigi before!

To my wonderful surprise, upon our trip to Niigata this time, we had a chance to have a nice dinner at a restaurant for which the host arranged the Geigi to chat and play with us.

Let me share my Geigi experience! 芸妓さんと会えた!!

(I bet you already know it was amazing!! But a bit more details..) 

The restaurant visited is one of the most famous ones in the city, with an old building and new one called Oohashiya. This time we went to the new building which has larger banquet halls. The traditional building is across the street and looked very lovely! If there is another chance, I’d like to visit too.

すんごく嬉しく、楽しい時間だったということは、読んでらっしゃる方は既にお分かりと存じますが 笑・・・一応(!)、どんな感じだったか、ご紹介致します。

新潟市でも有名な料亭の一つ、大橋屋さんにお邪魔させていただきました。大きくてピカピカな新館と、伝統的な趣のある本館があります。今回は、本館を訪問させていただきました。次回は、ぜひ、本館も見てみたいです(<=わがまま、すみません)。

Starting with a colorful set of appetizers 見事な前菜

Firstly we were greeted by the female owner of the restaurant and enjoyed some drinks and appetizers. The food was not only delicious but also such a sight!
I really love that Japanese traditional dishes are such a piece of art. Almost a crime to eat it haha!

まず、若女将さんからの丁寧なご挨拶があり、飲み物、前菜と続きます。ご覧の通り、食べ物はおいしいだけでなく、美しいものばかりです。伝統的な和食は、もはや芸術ですね(評論家ぶってますw)

30 minutes later, we started hearing the sound of the shamisen (three stringed guitar) being tuned outside our tatami room – the weapon of Geigi/Geisha! 😉
I could feel my heartbeat getting faster! Literally so exciting!!

Soon after, two gorgeous ladies in kimono entered the room to take my breath away!
They introduced themselves. Ayame-san in Irotomesode kimono and Nao-san in Furisode kimono were smiling at us while sitting down next to us at the table.

30分後あたりで、部屋お外からお三味線の音が聞こえだします。ぺーん、たぃーん、と弦を調節する音です。姿は見えずとも、胸が高鳴ります。

少しして、お二方のゴージャスな女性が部屋に入ってらっしゃいました。わー。微笑みながら隣に座ってくださったお一人は、色留袖をお召しになっている「あやめさん」、もうお一人は振袖の「那緒さん」です。

色々と教えていただいちゃいました。

Ayame-san has been a Geigi for over 20 years (who could tell so much about the Geigi life and history) and Nao-san joined the world last year. 

We asked how they got interested in this rather rare profession. Ayamesan was a ballet dancer and from there got interested in Geigi profession. Nao-san was from Okinawa originally and applied from there.

If you are serious about becoming a Geisha/Geiko/Geigi, Niigata is one option. Unlike other regions, Niigata has a company to hire/train one to be Geigi. The payment is like a regular employment with social security. In the past people joined the Geisha world from 16 years old but now you can join after you finish university. (Other cities/okiya have other rules)

あやめさんは、20年以上、芸妓をされており、芸妓のことから歴史まで深い造詣をお持ちです。以前、海外にも公演で行かれたようです。そして、那緒さんは、昨年入った方です。

芸妓の世界へ入ったきっかけは、あやめさんは、元々バレエダンスをされており、踊りを職業にする仕事として、芸妓の道へはいられたそうです。那緒さんは、沖縄のご出身で、沖縄から申し込みをされたんだそうです。

芸者、芸妓の世界に入るのであれば、新潟は一つの選択肢だと思います。

新潟は、(16歳から入り、しかも、往々にして地元の人間でないと駄目であった)昔ながらの置屋制度でなく、企業組織として新潟の芸妓さんを採用し、育てています。福利厚生もついて、お給料がもらえるのです。もちろん、芸や儀礼など、厳しい修行であることは、会社組織であっても同じであり、簡単なお仕事ではないですけど。。。

Ayame-san and Nao-san sharing insigths: 芸妓さんのあれこれ、あやめさんと那緒さんに聞いちゃいました

For example, the word “Geigi” means basically the same as “Geisha” is a kind of dialect for Niigata and surrounding areas. (In this article, where applicable, we use Geigi including Maiko, Geisha etc.) Also note that ladies of the same profession are called Geisha in Tokyo area and Geiko in Kyoto. The apprentice in Kyoto are called Maiko, however in Niigata they will be Furisode-san, for only 3 months though! Maiko carry their name for a much longer time before debuting as Geiko.. You see the systems are very different from location to location.

Even though Niigata was influenced by the Northern trade route (with the close connections with Osaka and Hokkaido) Geigi culture in Niigata is influenced by Edo culture. This means a lot of the Edo (Tokyo) based rules apply.

There are different titles for Geisha/Geigi. For example, Tomesode-san (Ippon-san) and Furisode-san (Hangyoku-san).
In the past the incense was used as a measurement of the time for the service, so Ippon means “one stick” of incense. Hangyoku literally transcribes as “half egg” meaning a half of a Geisha / resulting in half of the pay (in fact 60% or so) for the beginner.

Ayame-san wears a Tomesode kimono and Nao-san Furisode. Ayame-san’s status can be seen instantly by the rank of kimono as she is more experienced and a veteran of her craft.

せっかくの機会なので、不躾ながら、あれこれ質問をしてしまいまして、勉強させていただきました。

例えば、「芸妓」とは、芸者と意味自体は同じですが、新潟や地方の方言的なものだそうです。(この記事では、芸者、舞妓など含め芸妓という言葉をファジーに使っています。)いわゆる芸妓さんは、わたしの少ない知識では、東京では、「芸者さん」ですし、京都ですと、「芸子さん」と呼ばれていると理解してます(間違っていたらご指摘を!)。入りたての人たちは、京都では「舞妓さん」と呼ばれ、新潟では「振袖さん」と呼ばれます。ただし、3ヶ月間だけなんです。舞妓さんは、芸子さんになるまでかなりの時間が必要です。名称や制度が場所場所によっても違うのは面白いですね。

面白いのは、北前船で大阪や北海道との結びつきが強かった新潟(木綿を大阪から仕入れたりしたらしいです)ですが、芸妓文化は、江戸の文化の影響を受けたようです。

芸妓さん、芸者さんの異なる呼び名もあります。例えば、ベテランの留袖さん(一本さん(いっぽんさん))と、振袖さん(半玉さん(はんぎょくさん))です。

一本さんというのは、昔はお線香一本を灯して、無くなるまでがサービスの時間をはかるものさしだったそうです。御代を100%とれる、つまり、一本分とれるのが一本さんで、半分しか取れないのが、半玉さん(半本さんとはいいませんw)だったんだそうです。実際は、半分でなく、60%ほどはもらえたところもあるようです。今では、「はたらき方改革」もあり、お給料半分ということはないようです!

あやめさんは、留袖をお召しになり、那緒さんは振袖を着ていらっしゃいますので、どっちが留袖さん、振袖さんってすぐ分かりますね。

As explained earlier, Niigata has a Geigi company (Karyu) but also several Geigi are working independently on their own. In our case, Ayame-san is independent. Nao-san works for the company.

前述しましたように、新潟では、会社が芸妓さんの採用・修行・ブッキング事務所的な役割をしているようですが、一方で、数人の芸妓さんはそこから独立していらっしゃいます。あやめさんは独立されていて、那緒さんは、会社に属していらっしゃいますよ。

あやめさんの演奏で、那緒さんが舞を踊られます!

After a lively chat and a lot of laughter at the dining table, the Geigi proceeded to give us a small live performance. Ayame-san played the shamisen and sang whilst Nao-san enchanted us with her dance. They played 3 songs in total using different accessories.

楽しいお話の後は、芸妓さんたちは、日本舞踊で魅せてくれました。

あやめさんがお三味線を弾き、唄われます。そして、那緒さんが舞を踊られます。三曲歌って、三つの異なる小物を用いて踊ってくださいました。こういうところで見るプロの日本文化の所作、真似できませんが、感動です。

あやめさんが三味線、お唄。 那緒さんが舞います。左の屏風も美しいですね。

They brought a Oke barrel and a wooden hammer. We wondered what they were for.

It is meant for a game, perhaps uniquely for the Niigata area. Stone, paper, scissors will be played while turning around oneself and hitting the barrel with the hammer. If you lose, you drink a small glass of alcohol (of course, if you can not drink, you can just tell and have a soft drink or so). There are many more fun games at an ozashiki party. (See previous post about Tokyo Geisha)

ところで芸妓さんは、お部屋にいらした際、木の桶と二本の木槌をもってきてまして、「はて、なんだろう」と思ってました。

いわゆる、お座敷遊びというのですが、芸妓さんと様々な遊び(ゲーム)があるのです。

今回の木の桶と木槌は、新潟らしい遊びだそうですよ。芸妓さんと二人で、「トトンがトン」のリズムで、桶の横で体を回しながら、桶をたたき、じゃんけんをします。負けたほうは、一回回り、またじゃんけん。負けたら回るのと、勝ったら木槌をたたくっというところが中々覚えられず、ぎこちないw。三回負けると、お酒を飲みます(飲めない人は、ソフトドリンクで大丈夫ですよ)。これ、ちょっと難しいけど、楽しいぃ。説明は下手なので、下のビデオで見てみてください。 この遊びなんていう名前なんでしょうかね?

お座敷遊びっていっぱいあります。例えば、東京の芸者さんとのイベントについてのこちらの記事でも紹介してます。

Let the games begin! ゲーム開始!
Nao-san lost against me, so she has to drink sake! 那緒さんが負けたので、お酒を注ぎます!どうぞー。

This is a “ozashiki” or so called “Geisha-asobi” (game with Geisha) which means spending time with a Geisha including a game where you compete against a Geisha. Regardless the game, if you lose, you drink usually. What a fun way to consume alcohol!

これをお座敷遊びとか芸者遊びと呼び、芸者さんとゲームをします。負けたら飲むが原則ですよ (笑) このお仕事をしている人は、お酒に強いんですね。

I also made a little video from the night. Please have a look 🙂
動画も作ってみたので、良かったらご覧ください♡
  Anyone know what the name of the barrel game is? この樽の遊びなんていう名前なんでしょうかね?

How to invite Geigi? 芸妓さんを呼ぶには?

Normally you can ask the restaurant to arrange. If you want to call a particular person, you can name the Geisha/Geigi.

お食事などされる料亭さんにお願いするのが通常のようです。お気に入りの方がいらしたら、指名もできるようですよ。

How much does it cost? いくらぐらいかかる?

Approx. 25,000 JPY per one geisha plus dinner/drink cost (depending on the restaurant perhaps 6,000-15,000 JPY per person / the more guests you share the cost with, the more affordable calling Geisha will be. But also keep in mind that if the guest to Geisha ratio is off, the more un-personal the experience may become.)

芸妓さん一人につき、2万5千円ほどです。これに飲食代がかかります。料亭さんによりますが、6000円から1万5千円くらいです。芸妓さんの費用は、グループで呼ぶことで、割り勘できますよ!

If you come to Niigata city, you should definitely experience such a lovely banquet. It is not something we can do every night (haha) but so worth it. A truly inspiring experience for me.

If you contact us, we may be able to connect you to a relevant person for the arrangement.

もし新潟市に来ることがあれば、ぜひ芸妓さんとおいしいお食事を楽しんでみてください。懐具合、肝臓の具合もあり、毎晩は遊べませんが 笑、価値あります。とても、おいしく、楽しく、勉強になりました。

どうしてよいか分からない方は、SALZまで連絡ください。担当の方におつなぎ出来るかも!?しれません。

Such a work of art! (And I am not talking about the screen in the back ;)) 日本の美ですね

Thank you for reading!
Would you like to spend time with Geisha or Geigi? Let me know in the comments.

今回も駄文を、ご精読有難うございます。

芸妓さんや芸者さんと会ってみませんか?もし、芸者遊びをした方、いかがでしたか?コメント待ってますー!

Anji

Share this post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *