Tradition / Art

「新潟の芸妓遊び」Geigi (Geisha) Banquet Experience in Niigata

Recently I started to make some effort to see a little more of Japan. Some of you may have noticed from my social media, that I visited Niigata. (Actually for the second time.) Last time I learned that Niigata is one of the biggest locations for Geisha/Maiko culture in Japan. (They are actually called "Geigi" in Niigata!)Many may instantly think of Kyoto (and you are quite right in doing so ofc) when hearing about Geisha/Geiko. However, Japan still has several areas...

Read more...

「森美術館:塩田千春展」Mori Art Museum: Shiota Chiharu

When you think of a museum, often a very conservative space comes to mind. Perhaps a large hall with classic artworks hanging on the wall? ご機嫌いかがですか?鈴虫の音が美しい季節になって来ましたね。皆さんは、美術館よく行きますか? さて、「美術館」と聞いて、どんな感じを思い浮かべるでしょうか?大きなホールの壁に絵がかかっている情景が浮かぶのではないでしょうか?The Mori Art Museum, located in the Roppongi Hills Tower, however is changing up the game! Currently showcasing the exhibition of famous artist Shiota Chiharu - you can walk into a slightly dark and surreal world. 六本木ヒルズの森美術館は、そんな概念をいい意味で壊してくれました。現在、開催中の塩田千春展です。超現実的で、ちょっとくらーい世界に足を踏み入れることができちゃいますよ! 今年の6月からやっている展示で、周りの友達がSNSでシェアしているの見て、ずぅーと気になっていた展示会なんです。念願かなって、訪問することができました。しかも、SALZ Tokyoとして、キモノ撮影をすることも出来てしまったのです!! Shiota Chiharu: The Soul Trembles 塩田千春:魂がふるえる The Mori Art Museum website states: 森美術館によりますと: Berlin-based international artist Shiota Chiharu is known for performances and...

Read more...

Silk Screen Print Hachiman Senshoku in Kyoto シルクスクリーン、京都「八幡染色」さんを訪ねて

In the Southern area of Kyoto station, you can find some dye factories. This time, we had the pleasure to visit one of the famous dye companies in Kyoto, specialized in silk screen printing.  Mr. Yamaguchi is the owner of the company, HACHIMAN SENSHOKU.His father started the company in 1939 in Kyoto. ごきげんよう。いかがお過ごしですか?かなり夏らしくなってきましたね。 京都というと京都タワー側(東本願寺側)にいくことが多いと思いますが、八条口側(東寺が見える方)をさらに南にいくと着物関係の職人さんが多くいらっしゃいます。一昔前は、京都中に沢山いらしたんですけど。。(初めからシメっぽいっですが、気を取り直して・・・(笑)、今回は、京都での染色屋さんの一つに伺うことができましたのでご紹介させてください。 今回、うかがったのは、八幡染色有限会社さんで、社長の山口 泰成さんにご案内して頂きました。 この会社は、1939年(世界は第二次世界大戦に向かっている時代でした。また、マフィアのアル・カポネがアルカトラズ刑務所から釈放された年でもあります)に京都で山口さんのお父様が始められたんだそうです。 Mr. Yamaguchi 山口さんです! Yamaguchi, his younger brother and a couple of employees run the traditional dye house. He supplies for some famous brands.  The workshop and building has a feeling...

Read more...

「アンティーク着物 万華鏡」Antique Kimono Kaleidoscope

With the stylist, Ms. Chieko Iwata 協力 岩田ちえ子さんと共に A new exhibition has opened its doors at the Yayoi-Yumeji Museum in Tokyo. If you are a lover of antique kimono or even art and history, the new "Antique Kimono Kaleidoscope" collection is a real sight. Styled by no one less than Chieko Iwata, the kimono stylist who also worked closely with Nobuyoshi Araki (yes, that Araki!) over decades. 皆さん、いかがお過ごしですか? まだ雨の多い日が続いてますね。洗濯物がたまってたまって、たまに晴れた日は洗濯を2,3回なんてことも。これを梅雨の洗濯地獄といふ。 さて、そんなジメジメな気持ちを吹き飛ばす展覧会に行ってまいりました。 東京都文京区の弥生美術館と竹久夢二美術館で行われている「アンティーク着物 万華鏡 ―大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし―」展覧会です。アンティーク着物や芸術、歴史が好きな人に最高です。今回、この展覧会の協力を勤めてくださったのは岩田ちえ子さんです。キューレターは学芸員の中村圭子さんと中川春香さんです。 実は岩田さんは、荒木経惟さん(ナ、ナ、ナント、あの世界の「アラーキー」!です)と長年にわたってお仕事をされてきました。海外の人でもアラーキーさんを知っている方は多いです。あの方の作品に着物が登場することがしばしばあり、その着物は岩田さんがあつらえたものだそうです。後半では、岩田さんへのミニインタビューも掲載してますよ。 What makes me very happy on a personal level, is the theme of this...

Read more...

Interview with a foreign Miko 「史上初?日本で活動する外国人巫女さんにインタビュー」

A friend of mine is working as a Miko (shrine maiden) in Japan. After I went to see her perform a ceremonial dance recently, I received a lot of questions about her profession and how it is to be a foreign Miko. So I asked if she would be willing to share her journey with you via an interview. I incorporated the most frequently asked questions. So let's hear it! 友達は日本で巫女さんをしています。最近、彼女の神事の舞を見に行った後、巫女というお勤めについて、外国人の巫女としてどう感じているかなど、皆さんから数え切れないほどの質問を頂きました。ということで、皆さんからの疑問をまとめて、インタビュー形式で質問を投げかけてみました。では、お話を聞いてみましょう。 What inspired you to become a Miko? 巫女さんになろうとしたきっかけは? Anime of course....

Read more...

「令和」The start of a new era

Today (1st May 2019) marks a special and historic day in Japan. The change of the emperor which ultimately includes the start of a new era. 本日、2019年5月1日は日本では記念すべき日になりました。第125代天皇明仁が退位され、皇太子徳仁親王が即位されました。何かと騒がれた退位ですが、天皇制の歴史の中では、これまで何度もあったようですね。 令和 - REIWA I really love the name for the new time period, because it sounds similar to the period I was born in (昭和 - Shōwa) and has the Kanji 和 (wa) in it, which stands for traditional Japanese things. (Amongst the meaning of peace..). This era's name is based on Man-yo-shu, the...

Read more...