Tradition / Art

「チャップリンの『街の灯』の歌舞伎版」Charlie Chaplin on the Kabuki stage – Part 2

Continuing from our exciting interview with Mr. Ono, (Please read Part 1 here first if you haven't yet!) the head behind the celebrated Charlie Chaplin Kabuki revival in December 2019, we want to find out more details on how this project was brought to life - so grab a cup of tea and let's continue! 2020年のSALZ Tokyoの記事第一弾として、昨年末に公演されたチャップリン歌舞伎の立役者、日本チャップリン協会の大野裕之さんとのインタビューの第2部をお送りいたします。(まだ読んでなければ、パート1から見ててね!) SALZ: チャップリンの「街の灯」の歌舞伎版はどういったきっかけで始まったんですか? How did everything start with the Kabuki adaption of Chaplins "City lights"? 大野さん:『蝙蝠の安さん』について書いた英語論文をアメリカの本に載せてもらいました。それをチャップリンの娘さんが読んでくれて、「父は歌舞伎が大好きだったんです。これは是非再演できるといいですね」言ってくださいました。チャップリンの権利はご遺族が大切にしておられて、チャップリン作品の舞台化というのはあり得ない。そこで、ある方の紹介で松本幸四郎さんにお手紙を書きました。初めて幸四郎さんに面会した時に、「大野さん、よくぞこの企画を持ってきてくれました」と言ってくださった。それがこの企画の始まりです。2004年のこと。もう15年前ですね。 Mr. Ono: My English thesis on “Komori no Yasusan” was printed in...

Read more...

「チャップリンの『街の灯』の歌舞伎版」Charlie Chaplin on the Kabuki stage – Part 1

Happy New Year! Can you believe its already 2020?Just some decades ago people thought we would have flying cars and microchips implanted in our necks.. (Although that might be coming sooner than we’d like.) こんにちは。明けましておめでとうございます。もう2020年って信じられますか?数十年前には 、空飛ぶ車や首にマイクロチップが埋め込まれていると想像した時代です(かなり近いことが起 き始めてますね)。 I had quite a long Christmas/New Years break (longer than I intended to, as well...) and I was traveling around to Shanghai, then inside of Germany as well. While I completely took off work - traveling and meeting a lot of people every day...

Read more...

「オペラ 蝶々夫人へ衣装提供させて頂きました!」Madama Butterfly Opera

You probably have heard of "Madame Butterfly" - a famous short story written in 1898?Mr. Pinkerton, an American naval officer gets stationed in Nagasaki and after encouragement takes on a Japanese wife and household. After marrying and spending brief time with his wife ChoCho-san who works as a Geisha, his ship has to leave Japan.During his absence and without his knowledge ChoCho-san bears a son and patiently waits 3 years for Pinkerton to return to her as promised.Whilst everyone...

Read more...

「新潟の芸妓遊び」Geigi (Geisha) Banquet Experience in Niigata

Recently I started to make some effort to see a little more of Japan. Some of you may have noticed from my social media, that I visited Niigata. (Actually for the second time.) Last time I learned that Niigata is one of the biggest locations for Geisha/Maiko culture in Japan. (They are actually called "Geigi" in Niigata!)Many may instantly think of Kyoto (and you are quite right in doing so ofc) when hearing about Geisha/Geiko. However, Japan still has several areas...

Read more...

「森美術館:塩田千春展」Mori Art Museum: Shiota Chiharu

When you think of a museum, often a very conservative space comes to mind. Perhaps a large hall with classic artworks hanging on the wall? ご機嫌いかがですか?鈴虫の音が美しい季節になって来ましたね。皆さんは、美術館よく行きますか? さて、「美術館」と聞いて、どんな感じを思い浮かべるでしょうか?大きなホールの壁に絵がかかっている情景が浮かぶのではないでしょうか?The Mori Art Museum, located in the Roppongi Hills Tower, however is changing up the game! Currently showcasing the exhibition of famous artist Shiota Chiharu - you can walk into a slightly dark and surreal world. 六本木ヒルズの森美術館は、そんな概念をいい意味で壊してくれました。現在、開催中の塩田千春展です。超現実的で、ちょっとくらーい世界に足を踏み入れることができちゃいますよ! 今年の6月からやっている展示で、周りの友達がSNSでシェアしているの見て、ずぅーと気になっていた展示会なんです。念願かなって、訪問することができました。しかも、SALZ Tokyoとして、キモノ撮影をすることも出来てしまったのです!! Shiota Chiharu: The Soul Trembles 塩田千春:魂がふるえる The Mori Art Museum website states: 森美術館によりますと: Berlin-based international artist Shiota Chiharu is known for performances and...

Read more...

Silk Screen Print Hachiman Senshoku in Kyoto シルクスクリーン、京都「八幡染色」さんを訪ねて

In the Southern area of Kyoto station, you can find some dye factories. This time, we had the pleasure to visit one of the famous dye companies in Kyoto, specialized in silk screen printing.  Mr. Yamaguchi is the owner of the company, HACHIMAN SENSHOKU.His father started the company in 1939 in Kyoto. ごきげんよう。いかがお過ごしですか?かなり夏らしくなってきましたね。 京都というと京都タワー側(東本願寺側)にいくことが多いと思いますが、八条口側(東寺が見える方)をさらに南にいくと着物関係の職人さんが多くいらっしゃいます。一昔前は、京都中に沢山いらしたんですけど。。(初めからシメっぽいっですが、気を取り直して・・・(笑)、今回は、京都での染色屋さんの一つに伺うことができましたのでご紹介させてください。 今回、うかがったのは、八幡染色有限会社さんで、社長の山口 泰成さんにご案内して頂きました。 この会社は、1939年(世界は第二次世界大戦に向かっている時代でした。また、マフィアのアル・カポネがアルカトラズ刑務所から釈放された年でもあります)に京都で山口さんのお父様が始められたんだそうです。 Mr. Yamaguchi 山口さんです! Yamaguchi, his younger brother and a couple of employees run the traditional dye house. He supplies for some famous brands.  The workshop and building has a feeling...

Read more...