“No kimono, no life”

 

Settled over from Northern Germany to Japan in 2010 and fell in love with Japanese fashion, particularly the Harajuku scene. Over the years my passion for traditional aspects grew as well and I started to embrace Japanese kimono and learned how to style them.

The feeling when you wear these pieces just had me hooked, the way you move and behave seems to change, to me kimono have something magical. After all they are a piece of art, antique items even have a story: been passed from generation to generation.

Kimono culture and the rules are very deep – It’s like diving into a completely different world. I am still learning every day and really appreciate those who have and are still teaching me about it.

My goal is to spread the word and interest in kimono in Japan and overseas. I want to inspire with modern and alternative styling ideas as well as embracing traditional aspects.

ドイツから日本へ引っ越し、先ず原宿ファッションにハマりました。そこから、日本の伝統的・文化的なものにも興味を持ち始め、一着目の着物を手に入れてからは、着付けなど勉強をしました。
着物を着ると、動き方や気持ちまで変わるようでマジックみたいです。着物は芸術だと思います。特に、アンティーク着物はそれぞれに歴史・物語を感じます。
国内外に和服をもっと広げたい。海外の方にも着物を知ってもらい、大好きになってもらえたらいいなと考えています。
日本全国回って着物をセレクトし、基本的には自分や夫用に購入してきたのですが、すばらしい品は自分に合わなくても買ってしまいます(汗)。最近では、着物を売ってほしいとの海外からの問い合わせが増え、提供を始めています。どのように質の高い着物を提供できるか試行錯誤の毎日です。
着物は奥が深く、まだまだ新参者で、諸先輩方から日々学んでいます。自分には足りない部分は多々あります。着物文化を生んだ日本に感謝、着物について教えてくれる先生方、業者さんの皆さんに感謝しながら「着物道」を歩いています。
伝統的な着付けや、新しい着物のスタイリング、デザインもしています。

Stay in touch @salztokyo